Sonntag, 10. Dezember 2017

ミニ園芸マジョラムと大根餅

夏にバルコニーでちょっとしたミニ園芸を楽しみましたが、
すっかり寒くなって植物たちは姿を消しました。
そんな中で、マイナス気温になっても育ち続けたものがございます。
なんと、種から植えたマジョラム。

寒いので居間へ移動しました。
このマジョラム、試しに植えただけのもの。
鉢を植え替えした生のバジルなどは既に先立ちましたが、
これだけはピンピンしております。

育つのに時間はかかっても、長持ちするという強さ。
あっぱれでございます。
来年は数種類、試してみたいと存じます。

さて、ここにきて消化に問題の日々でございますが、
お腹は空くが、食べると大変という状態。
別にダイエットしてるわけではございませんが、
お楽しみメニューはこんな感じ。 
大根餅

唇は荒れ、鼻腔の出来物が消えません。
調べたらどちらも大腸に問題があるようなので、
(大腸不調の原因はもちろん胃でございますが…)
完全に甘いものを断ち、添加物もシャットアウト。
味付けはもっぱらお塩と自分で採った出汁のみ。

胃には大根がよろしいというもあり、
大根フル活用のここ数日でございます。

便利なもので、大根や白菜は近所のスーパーで買えるため、
ドイツに居ながら大根餅を味わっております。

こんな食事制限のため、12月の家族行事は私だけ不参加。
申し訳ないですが、食卓を囲むのは苦痛のため、
お一人様で大根かじっております。(笑)

それにしても、ドイツに名医はいるのだろうか。
お願いだ…早く肉や魚を食べられるようにしておくれ。

食って本当に大切でございますね。

Donnerstag, 7. Dezember 2017

ヒノキのピアスとバター in Duesseldorf

お決まりの月に一度のデュッセルドルフ通い。
この度はドイチェバーンのポイントが貯まり、片道無料で参りました。
往復フランクフルト経由で、乗り継ぎもスムーズ。

いつものように多少遅れましたが、快適なお一人様のスタートでございます。

この度は、診察のあと久々に美容室へ。
その美容室の一角でアートのミニ展示がされているのですが、
目に留まったのがこの"Hinoki"ブランドのピアス。
福島県のアーティスト鈴木梨江子さんのオリジナル・ピアス
この絵はイラストレーターMai Hashimotoさんの作品。
イラストとピアスのコラボ、とても素敵で即購入。

地元の森林組合さんの協力を得て、
ヒノキの端材を再利用しているとのこと。
ちなみに、このヒノキにはレーザーで猫の彫刻が入っております。

美容室でさっぱりカットのあとは、Die Kaffeeでコーヒーを買い、
電車に揺られてKönigsalleeへ。
都会のクリスマスの雰囲気はちょいゴージャス。
ゲッティンゲンより活気があります。

この度は、Manufactumというお店へ参りました。
このお店、ベルリン、フランクフルトなどにもございます。
ちょっと洒落た日用品から洋服が並び、
その他にハムやチーズ、パンなどもございます。
ですが、お値段がお高め。

お目当てはバターでございまして、二種類購入。
右は計り売りのもので100g1.90EUR

昨日、わくわくしながら右のバターを試食致しましたが、
。。。ちょっと感動は薄いかも。
私としては、BIOショップのバターのほうが好みに合うかと。

まあ、いずれにしても何事も試してみないとわかりません。
これも自分にとっては楽しみの一つですし。

次は少し体力を回復して、美味しいものを頂きたいなぁ。
今回はTemmaでスープだけでしたから…

またアンテナを張り巡らせて、良いお店を探したいと存じます。

やっぱりデュッセルドルフは楽しい。
とっても良いストレス発散でございました!

Sonntag, 3. Dezember 2017

雪中散歩、そしてチキンブイヨン

自宅で過ごす…などと申しましたが、
折角の雪なので、午後から散歩へ出てみました。

綺麗に雪化粧しましたが、路面は溶けてます。
近場ということで、植物園へ直行。
雪景色を撮るために、人が結構来ておりました。 
雪を鑑賞して、温室も見学。
それから、街の中心部へも足を運びました。

雪が降ってもクリスマスマーケットは大盛況。
グリューワインもよく売れておりました。
あちこちから甘いお菓子の匂いやソーセージの匂いが漂い、
私には精神衛生上よろしくない(笑)

写真も撮らず、雰囲気だけ楽しんで自宅へ直行。

昨日、今日と朝からせっせと作っているのがこれ。
自家製チキンブイヨン
昨日はレッグの鶏ガラを使用し、今日は手羽先で作りました。
ニンジン、玉ねぎ、生姜なども一緒に煮込みます。
我が家は必ず昆布を入れて、旨味度アップ。

コトコトと一時間ほど煮込んで出来上がります。

これを三食、プラス空腹が我慢できない時に頂きます。

風邪で熱を出したり、病気の時は日本ではおかゆですが、
こちらではチキンスープを頂くというのが定番らしい。
具はないので、内臓の負担も軽く、滋養もあって体には良いかと。

お米が全くダメな現在、このブイヨンは私にとって救世主。
鍋に具材を入れて煮込むだけなので、割と簡単です。

これにサラダやアボカドを半分という食事。
今日のランチはローストしたカボチャを頂きました。

でも、常にお腹が空いている?という状態じゃないと調子がイマイチ。
一体どうなっているのか、私の消化器官。

せっかく何とか普通に食べられると思ったのもつかの間、
体重増えたところで、振出しに戻るとは。

痩せても全く嬉しくない。
どうしたもんか、このヘンテコな状態。
早く普通の食生活を満喫したいものでございます。

雪、降りました。

12月、クリスマスまでカウントダウンに入りました。
街には例年同様、クリスマスマーケットがオープン。
昨日の土曜日は天気が良かったせいもあり、街はかなりの混みよう。

食事制限中の私には、今年のクリスマスマーケットは楽しくない。
チラ見しようかと思いつつも、食欲をそそるものはパス。
自宅で自家製コンソメスープ作りに専念です。

さて、一夜明けたドイツは別世界。
白銀の日曜日でございます。
日曜の朝から、元気の良いのは近所の子供たち。
あちこちから、子供の声が聞こえます。

中庭も真っ白
雪のせいもあり、今日の自宅前の通りは静か。

正午を過ぎ、珍しく雪が降り続けております。
冷え込んでいるせいもあって、今日は溶けないかも。

雪が降ると曇っていても外は明るい。
北海道を思い出してしまいます。
やっぱり雪は美しい~。

寒いけど、きっと今日もクリスマスマーケットは混んでいるだろう。
ロマンチックだけど、自宅で過ごす日曜日でございます。

Samstag, 2. Dezember 2017

ドイツ初…歯医者

ピロリ菌騒動からメノパウゼ(メノポーズ)等々、
体調の悪さに悩まされて早一年半が過ぎております。
ピロリ菌の三回目除菌が成功し、やれやれと思っておりましたら、
実はここのところ絶不
一体、いつになったら普通の生活ができるのか。
ここに来て、またしても糖抜き、野菜中心の生活です。

せっかく体重が増えたというのに…(泣)

一気に体重が減った話をかなり以前に書きました。
こんな感じ
痩せて人並みになっただけなのですが、
急に体重が減るというのは、人間よろしくない。
あちこちに弊害が出ます。

弊害その一は、何といっても肋骨骨折でしたが、
ここに来て、なんと!歯に問題が!

歯茎が痩せたのか、差し歯が抜けた。

とんでもなく間抜けに見えるため、即、歯医者を予約。

評判を聞いて行った歯科医院は非常にヨロシイ。
綺麗だし、スタッフも先生も親切です。
ただ、スタッフにいきなり、保険適用外のクリーニングを勧められる
値段を聞いたら120ユーロ!?

スタッフに営業成績とか、マージンとかあるのかしら?
と、思ってしまうような感じの対応だったので、
「どうしても必要ですか?」と、先生に直接質問する。
答えは「すぐじゃなくてもOK。治療が決まってからでも」と。

で、本格的に治療をすると決まったら、クリーニングをするということで決着。

120ユーロかかるんです、質問して正解だったかも。

先生に差し歯を戻してもらい、他の歯の総チェックをして頂く。
レントゲンも撮って頂いて、かなり修復が必要だと判明。

どんな治療をすればよいのか、プランを作成しなければならないと。
金額を含めた治療打ち合わせが必要とのことで、
10日後に予約を入れて一旦帰宅。

そして、10日後の打ち合わせで、驚愕の金額発表。
今、入れている差し歯、支えている歯がダメになっていると!?
それで、総入れ替えと他の歯もいくつかブリッジを変えたり、
インプラントなど、総額にして日本円で100万を超えるという。

ひゃあああああ!

日本だとすぐに治療にはいるのでしょうが、ドイツは違う。
「治療するかどうか、予算も含めて考えるように」と先生。
予算も含めて…というのは、半分を先に治し、
急がない部分は期間を置いてという風に治せば良いとのこと。

そして、健康保険適用外のために、歯の保険の加入を勧められる。
 
「治療は年明けでも予約を入れればいいから…」
はぁ~、それにしても、歯って日本もドイツもお高いです。

帰宅してから、あれこれ歯の保険も調べ、早速加入手続き。
面倒と言うより、システムが日本と違うので学ぶこと多し。

後日、歯科医院から書類が届く。
これは、明確な治療の金額通知と、
健康保険会社に提出する確認書類など。

この一番右のピンクの書類、健康保険負担分が記載されてます。
これを健康保険の会社に持参して、承認してもらうのです。
承認サインを受けたものを、また歯科医院に持って行かねばなりません。

しかも、歯の治療は治療費全額を一旦自己負担し、
それから支払金額を健康保険会社、加入した歯科保険会社に申請。
保険でカバーされた分が後で私の口座に返却されるという仕組み。

はぁ~勉強になります。

なんか、日本で歯の治療するほうが簡単かも。

ドイツでは、インプラントなど国内で治療せず、
EU内のハンガリーまで足を運ぶというのが流行っております。
技術は同レベル、金額は三分の一なんだとか。

ハンガリーで治療もあり。
色々と情報を集めつつ、考えてみたいと存じます。