Montag, 2. Oktober 2017

グルテンフリー商品と自家製ケークサレ

ゲッティンゲンで新しい主治医探しを続け、
何とかイケそうなドクターを見つけました。

デュッセルドルフへ通うほうが、日本語も通じますし良いのですが、
問題なのはやはり交通費。
毎回、50ユーロほどの列車運賃、
プラス昼食代などもろもろの出費がございます。

これをあと何か月続けなければならないのか。
ならば、日が短くなる冬が来る前に、地元通院というのがベスト。
それで、なんとか良さそうな医院を見つけて行って参りました。

それで、新しいお医者様より、グルテンフリー食を勧められる。
ドイツ語でセリアック病やグルテンアレルギーのサイトも見るように言われました。

基本的に、小麦もご飯も口にはできるのです。
ですが、問題は食べた後。
色々と体に変調があるため、やっぱり頂けない。

早速、調べてこんなものをスーパーで見つけました。

グルテンフリーのパンとマフィン
fria』というスウェーデンにある会社の商品は中々おススメ。
20年ほどグルテンフリーの冷凍食品を手掛けている会社なのですが、
なかなかクオリティが高いです。
ここのパンはラクトーゼフリー、卵も不使用、
米粉や大豆粉未使用のものもあるため、私には最適。

写真下の黄色と赤のラベルSchaer社のパンなどは、
米粉などを使っていることが多く、保存料も含まれるためちょっとNG

fria社のりんごマフィン
4個入りで3.99EUR
普通の冷凍食品よりかなりお高め。

グルテンフリー食はアレルギーでなくとも、
ダイエット食としても最適ですが、お値段がヨロシ過ぎなのがちょっと。

まあ、パンは沢山食べるわけではないので、
一斤3.98EURでも仕方なしという感じなのですが、
やはり毎回の出費となると痛いことは確か。

それで、自宅であれこれ実験開始。
グルテンフリーでケークサレを作ってみることに致しました。

まずは、グリルしたジャガイモとかぼちゃの余りを使用。
米粉とココナツ粉を使ったケークサレ
牛乳を40ml、バターを50g、水を加えて混ぜます。
お味は砂糖と塩少々、パルミジャーノ。
ハーブはクミンシードを使いました。

これがなかなか美味しくできたため、また次なる実験。

ドラッグストアでヒマワリの種を粉にしたものを発見!
最近はビオ商品でグルテンフリーのものが多くなりました。
ドラッグストアやビオショップで色々な種類を目にします。

購入したヒマワリ種の粉を早速利用。
黒オリーブとジャガイモのケークサレ
タピオカ粉と片栗粉、ヒマワリ粉とお水があればOK!
茹でたジャガイモを荒くすり潰し、にんにくを少々混ぜ合わせます。
今回はすりおろしした林檎も入れてみました。
味付けは砂糖、塩を小さじ一杯ずつ。
仕上げにクミンシード、黒オリーブ、ペコリーノロマーノを投入。
サックリ混ぜてオーブンで20分ほど焼き上げました。

ベーキングパウダーを使わず、重曹とりんご酢を使用。
もっちりした食間でウマウマでございます。

グルテンフリーの材料もお高めではございますが、
冷凍や加工食品よりは経費がお安く済むのが良いところ。
それに保存料などを含みませんから、体にもヨロシイ。

手間はかかっても手作りが安心、安価と一石二鳥。
今後もグルテンフリーのレシピを考えようと思っております。

アレルギーではなくとも、グルテンフリーは健康にも良し。
特に下半身のむっちりが気になる方に、おススメでございます。

グルテンフリー食、是非一度お試しくださいませ。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen