Samstag, 17. Juni 2017

引っ越し秒読み

さて、住み慣れたMeerbuschから古巣Göttingenへ戻ることになり、
ずっと住居探しに明け暮れておりました。

大学都市のゲッティンゲンは、数年前から住居探し困難な街となり、
一つの物件に対し、何十人も応募があるという状況。
我が家は幸い、以前に住んでいたアパートが、
Wohnungsgenossenschaftという住宅協会のものでしたので、
敷金(協会費)を預けたまま放っておいたのが幸いしました。

協会員の特権として、この組織の物件を賃貸できるため、
通常の不動産物件よりも競争率が緩くなるのでございます。

それでも、『これはいい物件!』と思ったものの、2回も選考に敗れたから大変。
現在のアパートを6月末で解約届を提出しているのに、
7月1日から賃貸できる物件に当たらなければ家なき子になってしまいます。

ドイツは日本と違いまして、退去希望日の2か月前告知が普通。
大体の方は、次の物件を決めて解約したりするのですが、
そうなりますと、新居と旧住居の2か所の家賃を1,2か月支払う羽目になるのです。

我が家は次の住処が決まる前に解約し、
猶予のある2か月間で新居を探すという、ややバクチのような方法をとっております。
二カ月余裕があるなら見つかるのでは?と、お思いでしょうが、
ドイツの物件探しほど、大家主導かつ熾烈なものはございません。

例えば、6月30日解約で7月1日から賃貸を希望している場合、
4月1日から次の物件を探せるのですが、タイミングが難しい。
借りたい物件の賃貸が6月1日から引き渡し可能という場合、
競争相手が何人かいますので、7月1日から住みたい人間はこの時点で選漏れ。
即、借りたい物件ならば、6月1日から契約申し込みを決める必要があるのです。
そうしますと、1カ月分の家賃を新旧二か所の住宅に支払う羽目になるのです。

これを避けるために、旧住居のNachmieterという自分の後の入居者探さねばなりません。
入れ替わりに6月1日から部屋を借りたいという人を見つければ問題は解決。
でも、これが自分であちこちにチラシを貼ったり、
ネットやフリーペーパーに広告を出したりせねばなりません。

我が家はこのNachmieter探しを自分たちでやるのが面倒なのもあり、
ずっとこのバクチのような方法で引っ越しを決めて参りました。

この度は、2度の選考漏れで少々ビビり、8月から空室になる物件とか、
早く借りなければならないのでは…とか、色々ございました。
それで、希望に近いところで7月15日から賃貸の可能な物件の紹介があり、
苦しい選択でしたが、まずは応募をしてみましたら、
なんと、今現在賃貸中の方と話がトントン拍子に進み、
希望通り7月1日から借りられることに相成りました。

ところが…
今のアパートを賃貸するため、不動産会社が仲介に入ると大家さんから連絡あり。
それで、引っ越し予定を7月1日にしている旨を不動産会社に致しましたら、
6月30日まで退去してもらわないと…という厳しいお言葉。

その結果、協会との交渉の末、6月25日に引っ越しが早まることになりました。

6月に入って目まぐるしい引っ越しの展開。

毎日、荷物の整理と梱包に追われております。

キッチンの整理を兼ねて、古くなったハーブを入浴剤にしてみたり…
食材整理を兼ねて色々と料理したり…
余ったミューズりーやココアでレア・チーズケーキも
冷凍庫、冷蔵庫を次から次にチェック
 
乾物やお酢、調味料もなるべく使い切る努力
キッチンのものは、結構な荷物になるので、計画的でなければなりません。
使えるものは使い、処分できるものは思い切って捨てることも大事。

調味料のストックをチェックして、我ながら貧乏性だ…と思ったものあり。
納豆についているからしやたれをきちんと全部保管してあったのでございます。
ラーメンのスープのもととかもあったりして。
全然使わずに半年以上、一年以上のものもあり。

使えそうなものは日々の料理に使い、
色がちょっと…というものは、当然、即処分いたしました。

引っ越し=断捨離?

とにかく、ありとあらゆるものを仕分けしては、無駄を省いていっております。

今や引っ越しのプロ?という博士と共に、
荷造りもいよいよ大詰めを迎えるのでございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen