Dienstag, 25. April 2017

春のハンガリー旅行② セゲド市

ブタペスト2泊(実質は1日と数時間)滞在をして、ハンガリー東南へ移動です。
前日の朝10時過ぎに市内交通1日乗車券を買いましたので、
有効時間内に活用し、9時20分発の列車に乗車致しました。
(1日乗車券は購入してから24時間有効でございます)

ハンガリーKeleti駅から大学都市Szeged(セゲド)へ出発!
セゲドは博士が学生時代を過ごしたところ。

現在はインターナショナルな大学で、医学部などの講義は英語でございます。
なんでも世界95か国から留学生が集っているとか。
日本人留学生も50人ほど在学すると伺っております。

列車の中はこんな感じ 
2等車コンパートメントで快適 
ハンガリーの列車は年季が入っておりますが、車内は清掃が行き届いていて清潔。
特にトイレはいつもきれい。(掃除もそうですが、使う人も綺麗に使っている)

セゲドでの宿泊は合計6泊。
ここでもアパートメントホテルを予約致しました。

Bartok Apartment 
部屋が3つ、キッチンには洗濯機もあり便利 
市内中心部、市場は徒歩圏内で周辺環境も安全。
しかも一泊一室31ユーロ、長期滞在には最高のアパートでした。

ところが、問題がただ一つ。
部屋の玄関ドアなのですが、内側ドアと外は防犯用に格子ドアの二重構造。 

ですが、受付の担当者から頂いたのは、外側の格子ドアのみだった。(-_-;)
それがどうゆうことを意味するかと申しますと・・・
 
誰かが外から簡単に内側ドアを開けられるという事。
防犯の意味がこれじゃ成り立たない訳でございます。

セゲドは安全な街なので、まあどうという事はないのでしょうが、
そもそも何故二重ドアかと申しますと、空き巣の可能性があるからです。

後から電話をして内側ドアのカギを頂きましたが、これまた問題。
鍵穴がすり減っていて、鍵がかからなかったのでございます。

仕方がないので、博士が毎晩、防犯バリケードを準備する羽目になりました。
博士作、アナログ防犯ロック

この右端のブロックですが、なぜか清掃クローゼットにありました。
ピッタリサイズで大助かり。

毎朝早起きして市場へ新鮮なお野菜を買いに参りました。
地元の農家から獲れたての新鮮野菜を直接購入できるという素晴らしさ。
もちろん名産の蜂蜜、ソーセージも安価で買うことができます。

それから、宿の近所にお安い居酒屋発見。
ワイン一杯(2dl)1ユーロ
ハンガリーではワインをデシリットルで注文します。
ドリンクメニューの表にも 〇〇Ft/1dl と表記されております。

セゲド市は1879年のティサ川氾濫による大洪水で甚大な被害を受けたところ。
災害後の復旧に当たり、ヨーロッパ各国からの援助によって再建されるのですが、
再建にあたり、パリの街をモデルにしたそうです。 
ハンガリーの小パリなのでございます。

公園も美しく、市内のいたるところに銅像があるのもハンガリーの特徴。

 
 
 
 
 
 
 
 

そして、市内には築200年のアートな建築物が並びます。 
  
昔の市電もございます。
 
 
セゲドには温泉もございます。
市民が集うAnna温泉 
温泉の近くでは温泉水を無料で持ち帰りできます。
温泉水の味はイマイチですが、健康のためは我慢!? 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

そして、セゲドと言えばSzegede大聖堂 
 
壁画、ステンドグラスなどとにかく美しい
全てハンガリー式
天井のマリア像はハンガリーの民族衣装を身に着けています。
 
 
 
 
 
 


 
毎年夏になると大聖堂の前の広場に舞台が設置され、
様々な文化的プログラムを楽しめるのも特徴の一つ。

西のパリ、イタリアなども良いのでしょうが、
私はどこよりハンガリーをおススメしたい。
特にセゲドは小さい町ながらとても粋でお洒落なので、訪れて欲しい町。

年間、約200日が晴天という街。
パプリカの産地でもあり、ビタミンCが発見された街でもあります。
 
この町を語ればきりがないほど、私のお気に入りの街のひとつ。

次回も引き続き、セゲドについて書きたいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen