Sonntag, 30. April 2017

春のハンガリー旅行④ セゲド市 文化行事(異文化編)

今日も寒いドイツです。
ブルブル・・・暖房のスイッチを入れております。

さて、ハンガリー旅行のお話の続きです。
今回もセゲドの話題。

この度は、友人に誘われ、文化プログラムを鑑賞

ハンガリーに住む少数民族のプログラムがあるという。
ハンガリー少数民族とは、ジプシーは皆さんご存知かと思いますが、
他にウクライナ、ロシア、ポーランド、チェコ、ドイツ、ギリシア、ルーマニア、ブルガリアなど、
国に少数民族として認められております。

それぞれルーツが違う方々ですが、皆さんハンガリー語は完璧。
ハンガリーの社会に溶け込んで、暮らしていらっしゃいます。

今回主催のプログラムの責任者の方
彼女は故郷ウクライナの民族衣装を着ております。

各国語での詩や文学の朗読と音楽演奏が続きます。
 
 
 
 
ロシア語での詩の朗読
 
 
 

↓この方はドイツ人。終了してからドイツ語で少々会話致しました。
 
 
とても品のあるポーランド人のおば様
 
 
 
約一時間半にわたってのプログラム。
あっという間に終わりました。

終了後はお誘いを受けて、カフェ室で一緒に団らん。
ワインやソフトドリンクを飲みながら、カナッペをつまんで会話も弾みました。

日本人は私ただ一人でしたが、博士の助けもあり、大いにエンジョイ。
ハンガリー人の懐の厚さというか、暖かさを実感。

毎回、訪れるたびに住みたくなるので困ります。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen