Samstag, 26. November 2016

今年最後の週末散歩 Hamburg

先々週、博士と二人で一泊二日のハンブルグ旅行へ参りました。

新幹線に揺られて…
6時台の早朝出発。

朝早いと列車も空いていて静かです。

この日のハンブルグ、信じられないほどの快晴。
11月でこれほどの青空は滅多にないこと。




散歩しながら娘が学ぶ大学へ。
お昼ご飯は大学のメンザ(学生食堂)で頂くことに。

娘から、計り売りなので、一皿にできる限り盛るようにと言われ… 
アレルギーのある私は、とにかく野菜を乗せ放題。
これで一皿4.70ユーロ。

平日の大学食堂は、観光客がよく食事に来るとか。
メンザから港を眺めながらお安く食事ができるので、
隠れた人気スポットなんだそうです。驚き。

食事を済ませて船で湾内一周することに。
 
ハンブルグチケットなるもので、美術館が割引になったり、
公共交通機関乗り放題などが可能ですが、
私たちは美術館を見ることのないので、通常の地下鉄一日乗車券を購入。
交通機関A区域用のものを購入すれば、それでこの船も乗れるのです。 
夏ならデッキが最高ですが…寒すぎ。

ハンブルグ、なかなかどうしてホテルはお高め。
お値段まあまあ、朝食付きで割と評判の良いホテルを予約致しました。
美術館近くのHotel Fink 
古い建物のワンフロアを改装して、ホテルとして使用。
部屋は綺麗に清掃が行き届いておりました。
ただ、欠点がひとつだけ。

トイレがまさかの共同だった。

シャワールームが取ってつけたようなものが
部屋にあったのは許せました。

ですが、トイレが廊下に一か所だけ。
腸が不調な私は、ちょっと青ざめた瞬間。

でも…
朝食を頂いた食堂が可愛かった。 
 アンティークのタイルが素敵
ホテルの朝食はまあ、ドイツ国内似たようなのものなので、
特筆すべきことはございませんでした。

ただ、ホテルがある区域はとても閑静で雰囲気あり。
これで二人で一泊90ユーロ。

うーんいかがなものか。
トイレの事を考えたら、もう30ユーロ安くてもいいかも。

翌日は冬景色のハンブルグへ逆戻り。
 北海道の寒さにとても似ていて懐かしい感じ。
雪が降ると雰囲気があってよいのですが、
とにかくシバレる冬のハンブルグ。

次回は夏に…ということで、帰路についた次第でございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen