Freitag, 13. November 2015

れもん、レモン、檸檬

お休みしながら、暇つぶしにYouTubeをダラダラと見ておりました。

私の最近のお気に入りは、Veggie Dishesというベジタリアンレシピの動画。
別に我が家はベジタリアンではございませんが、お料理の参考のために拝見してます。

普通のレシピでは思いつかない発見もございますので、結構見逃せない。
それに、バターや卵の代用品にどんなものを使えばいいのか分かるのが嬉しい。

Veggie Dishes

そのいくつかの料理レシピの中で、塩レモンを使ったものがございました。
  
『塩レモン』とは何ぞや!?

気になるものは、早速ググる。

何だかこれ、今年の4月くらいに日本ではメディアで取り上げられ、ブームだったとか。

日本のサイトとドイツのサイトを交互に調べると、作り方が数種ございました。

ドイツのサイトでは、モロッコ式と称しておりました、
檸檬を塩で一ヶ月ほど漬け込むというもので、20カ月保存可能とか。

それから、同じ塩レモンでも、レモンピールと塩を混ぜるものも発見。

見ていると、とにかくすぐに試したくなる。

でもって、家にあったBIOレモンで早速、調理開始!

手前のレモンピールは一個分。
これをペーパーの上に置いて、12時間ほど乾燥させます。
乾燥したものを塩と混ぜればOK.。

それから奥にある真ん中のものは蜂蜜檸檬。
漬け込んでホット檸檬などにして頂きます。

そして、右端のものが塩レモン。

レモン3個を盾に4つ切りにして塩を真ん中からたっぷり挟み込み。
それを瓶にビッチビチに詰め込んで蓋を致します。
このまま冷蔵庫で1ヵ月置いておくだけだそうでございます。

初塩レモン、どうなりますか…楽しみ。

クリスマスのローストチキンなどに使おうかと思っております。

それにしても、日本というは情報が豊富ですね。
逆輸入で学ばせて頂くこと多しでございます。

…12時間後

こんな感じで完成の乾燥レモンピールの塩!

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen