Dienstag, 30. August 2016

ハーブ三種と胡麻ベーグル

7月に骨折した肋骨がやっとくっつきました。
お医者様から運動をしてもOKという許可もでまして、少しほっとしております。
あとは腸が完璧に回復するように日々の食事管理に専念したいもの。
早く普通に食事ができるように頑張りたいと存じます。

さて、肋骨が元に戻り、ホッとしているところでちょっとしものを発見。
去年の6月に撮った写真が出て参りました。

集合写真だったので、博士がパッと見ても私がどこに写っているのかわからなかった。
それほど別人のように太っていたのでございます。

今だから言えますが、去年の6月のときの体重…人生MAXで太っておりました。
当時、余りに洋服が着られなくなったので、内緒で体重を測っていたのですが、
76Kg あったのでございます。(-_-;)

それがこの度、腸を壊し、砂糖断ちしたことでその頃よりマイナス20Kg。
洋服のサイズは、2-3サイズ落ちる結果となりました。

今は、20代の頃の太り始めた時期とほぼ同じ体重。
我ながらびっくりしております。

特に気が付いたことは、自分は太っているという意識がなさ過ぎたということ。
標準よりふっくら目?と、すっかり盲目になっておりました。

まあ、体調を崩して痩せてしまったので、あまり喜べませんが、
食事って本当に健康と深くかかわっていると実感。

二度と同じことを繰り返さないためにも、しっかり自己管理を続けたいものです。

さて、腸の具合を少しでも向上させようと、最近はハーブにハマっております。
この間、ドイツ人の知人でハーブやホメオパシーに詳しい方がおりまして、
腸にどんなものが良いのかお尋ねいたしました。

彼女からショウガ、バジル、ペパーミントを進められたのですが、
『ティーパックに入っているもの』は勧めないと言われました。

彼女曰く、ハーブがどこで育てられ、いつ収穫されたものか分からないからと。
『ハーブが古くてカビが生えている危険もある』から、
産地や収穫時期がわかるものか、
フレッシュハーブを摂ることがベストなんだそうです。

そして、肋骨の診察帰りにスーパーでハーブを三種購入致しました。
フレッシュハーブ三兄弟!?

肉料理に使うローズマリーと腸のためにバジル、ミントと揃えました。
お料理とハーブティやミント水で頂きたいと存じます。

そして、週に3度は焼いておりますでしょうか、ベーグルです。
単調にならないように、生地に練りごまを入れて胡麻ベーグルも。

すっかり市販のパンを購入しなくなっております。

次はベーグル作りから少し変化させ、
ピタパンを作ってみたいとおもっております。

そうそう、折角ですからハーブを使ったパンも焼いてみたいですね。

体力の回復とともに、作る喜びも戻りつつあり。
やっぱり普通にお料理して食事するって有難いことです。

さあ、体のためにもスローフード、どんどん試してみたいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen