Dienstag, 3. Juli 2018

デュッセルドルフで家探し

就活をずっと続けておりましたが、
とうとう仕事が決まりました!

信じられないような、本当の話。
今までドイツで仕事をした経験が決め手でした。

ドイツ語がどうなんだ…という私ですが、
言葉より人間力が通じるというのがこの世界。
やるしかないのでございます。

さて、面接の日に泊まったホテルがあまりにも感動(?)
駅からさほど遠くない場所にあるHotel Diana
一泊食事なしで36ユーロだったので、ここにしたのですが、
前回の四つ星、マリオットホテルとは天と地の差。
何が感動したかと申しますと、このトイレ。

部屋に入った瞬間『刑務所?』

評判通り部屋の清掃は行き届いており、素晴らしい。
でも、トイレがこんな感じだと清潔ってどうよ…と思ってしまう。
Altstadtやインマーマンも徒歩で行ける便利さはありますが、
ゆっくり休むという感じとは程遠い。
まあ、面白かった。
これはこれでかなりエンジョイ致しました。

宿泊した翌朝、雇用契約完了。

ここまでは感動、そして疲労困憊でゲッティンゲンへ。
そしてここからが次なるハードルです。

ドイツでもっとも難しい部屋探し。

まあ、どこでもいいの…という感じなら即決まるのですが、
安全、通勤の利便性など考えて選ぶと難しい。
しかも競争が激しいので宝くじ並みの家探しです。

ネットで問い合わせたところから見学の連絡あり。
で、一日置いて即、舞い戻りました。

家はこのライン川の近く 
だれもが憧れるこの界隈 
この景色までアパートから徒歩3分

見学は私の他にもう一人あり。
ドイツ語でパァッと説明を受け、わずか10分で見学終了。
見学者リストには他にも名前がございました。

申込書に必要事項を記入してお預け。
あとは大家さんが候補者から住居者を選択するという。
只今、大家さんの返事待ちです。

仕事が7月中旬開始。
決まらなかったらどうするんだ。

家賃2000ユーロ以上出せば物件はありの地域。
どうなるのか。

天に運を任せる日々なのでございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen