Donnerstag, 17. Juli 2014

ティサ川眺めて«ハラスレー»を食す

博士の大学時代の友人ご夫婦から、地元名物を食べに行こうとお誘いを受ける。
セゲドはパプリカとティサ川で捕れる新鮮な魚(ナマズ、鯉など)が有名。
車で町から少し離れた川沿いのレストランへ参りました。

ナマズの絵がしっかりと描かれております


何とも雰囲気の良いレストラン


昔ながらの建物も可愛い


レストランの脇には船着き場もあり




ナマズをはじめ、川で捕れた魚のスープ«ハラスレー»を注文


このお鍋で2人前なんですが、4人で食べてお腹いっぱい


スープにはこの青唐辛子をトッピング 


このレストランのハラスレーに使う魚は全てティサ川で捕れたもののみを使用。
昔は魚だけでなく、スープに川の水も使用していたそうです。
今はさすがに川の水は使いませんが、かなりのこだわりがある地元料理でございます。


博士が食べていたのはこのパスタ
茶色いのは豚の脂肪なのですが、これがウマウマ


お食事代ですが、スープ2人前にパン付、上記のパスタ2.5人前で大人4人で22ユーロほど。
こんな雰囲気満点の名店でお食事して、チップ入れてこのお値段は安いです。言うことなし。

すぐ近くにはライバル店がございます 


こちらも昔風の建物あり 

これは石のテーブルではございません、粉引きの石臼です



白樺の木ですが、とても大きい


この川、過去に何度か氾濫しております

 

この家に掲示された標識、水位がどこまでだったかわかります

故に、ご近所のサマーハウスも水害対策で高床式



川魚はどんなものかいな・・・と、恐る恐るいただきましたが、やはりウマウマ。
なんたって量がたっぷりで驚きでした。
とにかく、連日食べ過ぎの博士と私。体重どれだけ増えたのか。

ハンガリー料理、本当に何を食べても美味しい。
あまりに美味しいので、肥ることを気にしなくなってしまう恐ろしさがございます。


まあ、ドイツに帰れれば自然に痩せるか・・・。
あっはっは~。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen