Samstag, 7. Januar 2017

世界2番目に古い地下鉄

金曜日から冷え込みが厳しくなっております。
南ドイツでは大雪になったり、-25℃を記録するところもあったりと、
冷えに冷え切っている週末でございます。

気温が低くなりますと、何故かブタペストを思い出す今日この頃。
でも、寒くても、曇っていても、ハンガリーは素敵なところ。
何度訪れても飽きることができません。

さて、12月の旅行のお話を少し。

ブタペストは地下鉄、トラム、市電、バスと交通機関が充実。
何が良いかと申しますと、地下鉄や市電など待ち時間が少ない。
まるで首都圏並みの交通便の良さで、車は不要でございます。

今回は博士と市内交通機関乗り放題の7days ticketを購入。
約17ユーロで一週間、フルに交通機関を活用できるのでお得です。

チケットを購入して、早速おでかけ。

ブタペストの地下鉄はロンドンに次いで世界2番目に古いことで有名。
その最初にできたという地下鉄路線がこちら。
地下鉄1番線でございます。
天井が低いのがお分かりいただけますでしょうか。 
壁のタイルがレトロで可愛らしい。 
この一番線に揺られてたどり着きましたのがこちら。
英雄広場でございます。 
ここにはハンガリー王国の代々の国王の銅像がございます。 
千年王国ハンガリーの英雄たち。
この国がいかに繫栄していたかが想像できる広場でございます。 
そして、この一番線の終点から市電に乗り換えた先に、市場あり。

地域的に観光客も行かないところ故、絶対に安いはずだと、
博士と数日後に足を運んでみました。

これが、実に大正解。
中央市場と価格の差は歴然。
安くて新鮮、そして庶民的で楽しすぎる。

特にこの乳製品専門のお店がヒットでした。
とっても小さなお店なのですが、お値段がお安い。
美味しい手作りフレッシュチーズやケフィアを計り売りしていただける。

ここでヤギと牛のチーズ、
テュロというハンガリーのフレッシュクリームを買いましたが、
お値段合計3ユーロほどで驚きでした。

歴史に詳しい博士の案内とハンガリー語の助けがあり、
ガイドブックには載っていない楽しい旅ができるという。

本当に満喫させていただきました。

ブタペストの魅力、まだまだございます。
旅のお話はつづく・・・

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen