Montag, 10. Juli 2017

新居の台所

引っ越しから二週間ですが、毎日することがございます。
博士と二人、体力の続く限り段ボールを減らすため、ひたすら動く。
その作業の合間に役所へ転入届に行ったり、
銀行や税務署での変更手続きなど役所手続きもなど雑務もございます。

ですが、年齢のせいか、昔ほどサクサク片付かないことに気付く私たち。

体力が確実に落ちていることを思い知らされる今日この頃。

なので、「ゆっくりやろう」と、お互い無理をしないように致しました。
でも、二人ともスイッチが入ると止まらない性格らしく、
陽が落ちるまで(ドイツは22時過ぎに暗くなるので)ハマることしばし。

特に私はキッチンの整理がなかなかすすまず、少々ため息。

博士がDVDの整理用に購入した中古のラックが本日配送になり、
あまりにキッチンにピッタリなのに気が付き、急きょキッチンへ配置変更。

そのおかげで、やっと使い勝手が良い台所へ早変わり。
お金をかけず、持ってきた家具を台所の収納用に使い、
博士から奪い取ったラックもフル活用致しました。

台所は前に住んでいた人に譲って頂いたものを引き続き使用です。
かなり古くてガタガタなのですが、ちょっと手を加えて綺麗に再生。
通常のドイツ人家庭のキッチンのようにきらびやかではございませんが、
アジア人は料理で勝負なので、使えればそれでOK。

壁も天井も博士がペンキ塗り 
キッチンは東向き、バルコニーへ出入りできる作りです。

お気に入りの置物を窓辺に配置 
真ん中の貴婦人の陶器人形はハンガリーの友人作。
そのほかのものはフリマで購入したものばかり。

一日で一番時間を過ごす場所なので、とにかく快適に。
自分が使いやすいように整理いたしました。

以前の家と違い、キッチンが広いのでお料理もしやすい。
週末は旬の果物を使ってケーキを焼きました。

ブルベリーのチーズケーキ 
 

アプリコットが安かったので、大量購入。
アプリコットケーキ 
ケーキ用のお皿はフリマで1ユーロ

日当たりの良いキッチンで好きな料理を楽しめる幸せ。
やっぱり台所って大事です。

体調も良くなり、少しずつお料理も楽しめるようになりましたので、
これからは、存分にお料理したいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen