Dienstag, 11. Juli 2017

初・バルコニー園芸

 この度、バルコニーで夏時間を過ごすこと決め、
博士と二人で『プランターに花を植えよう』ということになりました。

ちょい鉢植えくらいなら経験はありますが、バルコニーを花で飾るのは初めて。
初心者ゆえ、最初から力んで失敗してはいけないと、
簡単なものから挑戦をすることに致しました。

それで選んだのが、近所のスーパーで特売中のラベンダーと、
野菜売り場にあるミントの鉢植えを植え替えました。
ドイツは生のハーブを鉢ごとで買えるので便利なのです。
使い切りなのですが、こうして植え替えすると長く持つのでございます。

ラベンダーはあとで乾燥させて洋服箪笥に入れるので選んだだけ。
何事の実用できるものを選択したわけでございます。

それから、↓これは観賞用に…
植え替えましたらスペースが余ったので、近日中に菊を植える予定。

そして植え替えついでに同じく野菜売り場からのバジルの鉢植えを植え替え。
右側の小さいガラスケースはオレガノの種を植えました。
バジルも植え替えすると、相当長く持つらしいので、まずは実験。

博士曰く「ベランダに花を植える…こんなの人生初めて」

そう、博士は花より団子派なので、植物は家に置かないタイプ。
『花は自然の中にあるものをめでる』という考え方。

なので、過去にも私が大事にしていた鉢植えのラベンダーや観葉植物など、
私の旅行中に全部枯れてあの世行きになっておりました。

この園芸習慣が今年だけで終わるのか、毎年続くのか。
私自身もわかりませんが、熟年の趣味の一つとして楽しみたいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen