Montag, 19. September 2016

パン酵母のお話

毎月、BIOショップで手に入る無料の雑誌『Schrot & Korn』 というのがございます。
今どきの農業事情や旬の食材レシピなど、なかなかためになる雑誌。

しばらく手に取る機会がなかったのですが、
BIOショップの近くに引っ越したのをきっかけに、再読するようになりました。

実は、9月号の特集が、今一番気になる話題の『パン』についてでした。
雑誌Shrot & Korn とBIOの生酵母、ドライ酵母

記事によると、イースト菌は天然と糖蜜で作る2種類。
天然酵母は昔からの手法で、穀物から菌を培養したもの。

糖蜜を使って培養する『イースト菌』が現在主流となっておりますが、
これは第一次世界大戦の際、穀物入手が困難になったことから、
その代用として使われたことが始まりだそう。

砂糖を生産する際の副産物として出される糖蜜を使用することで、
安価でパンを作れるようになった…と書かれております。
BIOのパン酵母は、従来の手法の天然酵母なのだそうです。
しかも、ドライの酵母は低温でゆっくり乾燥されるという手順を踏むため、
酵母力が生より強めなんだとか。

なるほど…勉強になりました。

今回は、興味をそそるパンレシピも色々掲載

天然酵母をググりますと、葡萄やレモン、ヨーグルトを使ったものなど、
色んな手法を使ったパンレシピや動画を観ることができました。

それで自分も実験はしてみたものの、結果はイマイチ。

手間と予算を考えて、BIO酵母を買っております。

昨日は食パンの型を購入致しました。

週末は食パン作りをしたいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen