Samstag, 17. September 2016

目指せ、健康生活

ピロリ菌が原因の体調不良から、食事の徹底見直しを致しました。

キッチンにストックしていた即席のブイヨン、ダシの素は一切辞め。
添加物を極力摂らないことにいたしました。

今は天然素材で昆布、かつおだしが中心。
塩はフランスとドイツの天然塩、お砂糖は黒糖に切り替えました。

塩が美味しければ、料理も美味しくなるもの。
調理にお醤油が登場することは、とても少なくなりました。

週末は朝からパンを焼き、旬のかぼちゃでスープ作り。
今日のベーグルはヒマワリの種とバナナを使用。
ふんわり、美味しく焼きあがりました。

パンプキンスープはニンニク、ショウガ、玉ねぎを味のアクセントに。
味付けはお塩だけですが、素材の旨味で口当たりがとてもよろしい。
シナモンをふりかけて頂きました。

今や習慣となったベーグル作り。
天然酵母のベーグルは、市販のパンでは味わえない美味しさ。
手間ひまはかかりますが、辞めることができません。

今までも手作りを心がけてはおりましたが、
使う材料や添加物まであまり細かく気を付けておりませんでした。

甘いクッキーやチョコレートは全く摂らなくなり、
今は食べたいとは思わなくなりました。

何より、砂糖の摂取を辞めるだけで、体調は激変致します。
最初は自分には無理と思っておりましたが、
健康を害するという極限で、人間というは出来るものなのです。

ダイエットのために無理な食事制限やジム通いをするより、
砂糖(果糖、乳糖も)を辞めて、定期的に散歩をするほうが安上がり。

しかも肌のきめが良くなるというおまけ付き。

それに、内臓が正常に働くことで、肌のみならず、
固かった関節が柔らかくなり、むくみが消えるのでございます。

今後は手作りやお安い化粧品で、
美肌をどこまで取り戻せるか、長期で試そうと決めました。

食事でどこまで美しくなれるものなのか。
実験開始でございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen