Sonntag, 30. Oktober 2016

冬時間、そして栗

本日から、冬時間となりまして、時計の針を一時間マイナス。
いつもより朝寝坊しても、早起きして得した感がございます。

この夏、冬時間が実はめんどうで…いちいち時計の針を変えなくちゃいけません。
今どきはPCやスマホは自動ですから、昔よりは楽ですが、
居間の掛け時計、DVDや目覚まし時計は設定のし直しが必要。
今朝もせっせと時間を合わせておりました。

今日は爽快な青空が広がり、外出気分も盛り上がる。
博士とバスに揺られてフリマへ足を運びました。

フリマですが、なぜか八百屋の出店もあり、
柿やブドウを格安で入手。

それから、この度は旬も後半の栗を購入。
1㎏4.99ユーロ
早速、切れ目を入れてオーブンで焼き栗

粒が大きいので、かなりの食べごたえ。
うまうまでございます。

子供の頃は、栗は拾いに行くもので、買うものではございませんでした。
春先は行者ニンニクと蕗、タケノコ、
秋はキノコと栗を求めて、よく山菜取りに出かけました。

今は何でもスーパーに行けば入手可能。
野山へ出かけ、自然の恵みを探し求めることもなくなりました。
なんだか少し寂しいような…


やっぱり、自然から頂くものは力が違う。
山菜取り、行きたいかも。

自然が私を呼んでいる!?

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen