Montag, 31. Oktober 2016

アレルギー

50歳を過ぎて、食物アレルギーになるなんて。
しかも米、大豆、卵のアレルギー。

いずれも和食によく顔を出す素材だけにショック。
カレーを作ってもご飯は食べられないので、ナンでいただくとか。
寿司もネタだけ?

大好きな厚焼き玉子もお預けでございます。

幸い、小麦は大丈夫なので良かったのですが、
パンを食べたあと、たまに上あごの奥の部分が痒くなったり致します。

栗を美味しく頂きましたが、ちょっと痒くなっちゃいました。

大豆がだめなので、味噌も醤油もアウトです。

ただ、ラッキーなことに、ドイツにはビオショップという強い味方がございます。
お米の代わりに、こんなものを見つけました。
キノアとクスクス

いずれも熱湯でふやかすだけで即頂ける。
塩、オリーブオイルで味付けし、サラダ感覚でOK。

そのほかに、BIOオートミールもご飯の代用として食べております。

最近はベジタリアンブームもあり、この手も食材が手軽に購入可能。
お値段もお手頃ですし、米アレルギーの私としては助かっております。

それにしても、アレルギーに悩む人が多いのでは?

昨日はたまたま来客があり、デザートに久々にケーキを焼くことに致しました。
それで、なんなら卵不使用でやってみようと、ネットでレシピをググる。
そうしましたら、まあ、沢山のレシピがあるじゃございませんか。

卵アレルギーのお子さんのために…という方も多かったですね。

アレルギーで食べ物に制限があるって、本当に辛い。
まして自分の子供が…となると、親としては切ない限りかと思います。

アレルギーになって食品全般に限らず、化粧品、洋服…
とにかく色々なことを総合的に考えるようになりました。

これからアレルギー治療を考えなければなりませんが、
その前に、食事を改善することで少しでも健康を取り戻したいと考えております。

ご飯を当分頂けないのは何ですが、
これはこれで食の幅を広げる良い機会と思って、色んなものを試す予定。
新しい素材に巡り合いましたら、大いに楽しんでみようと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen