Freitag, 11. Dezember 2015

鍵、壊れたっ!?

クリスマスが近づくにつれ、誰もがみんな親切になるドイツ。
愛想のあまりないドイツ人も、気持がウキウキになるのが12月でございます。

普段日曜日はお休みの商店ですが、12月の1、2週は百貨店などもオープン。
いかに一年の中でクリスマスが一大イベントなのか、良くわかります。

日々、浮足立っているところで、我が家でとんでもないことが起りました。

会社に博士から緊急要請の電話が…。
聞くと、部屋の鍵が壊れたとのこと。

えええええーーーーっ!?
もしや部屋に入れないのでは!?

博士曰く、鍵を差し込んでドアを開けた瞬間、鍵が折れたと言うのです。

部屋の中には入れましたが、折れた鍵の先っぽは鍵穴の中に。
これじゃ鍵がかけられないから、当然外出もできないわけです。

折れた鍵
我が家は入居する時に鍵を最新式のものに変えて頂いております。
それなのに、折れるっていうのはどういうことなのか。
人生50数年生きておりますが、こんなこと初めてでございます。

会社の同僚に聞いたところ、鍵、折れるってよくあることだというからビックリ。

職人気質の国・ドイツというのは遠い昔の事なのか。
驚きでございました。

幸い、締め出されず、すぐに大家さんや鍵専門店に連絡ができ、
修理も少額で済んだため、ホッと致しました。
(修理代は大家さんか保険でカバーできますし…)

これが休日や、クリスマス休暇の真っただ中に起こったとしたら…
そう考えただけでも、今回は相当ラッキーでございます。

昨今、鍵屋さんでも膨大な金額を請求してくる業者もおりますから、
あらゆる点から考えて不幸中の幸いでございました。

私以上に凍る思いをしたのは博士。

まあ、事なきを得たので、笑い話として語れますが、
鍵の開閉時、妙に慎重になってしまうのでございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen