Sonntag, 6. Dezember 2015

ドイツのクリスマス定番!?

さて、12月の一週目が過ぎようとしております。
今更ですが、本当に一年なんてあっという間です。

ドイツでは11月中旬後半から既にクリスマスマーケットが軒を並べ、
巷では多くの人がクリスマスプレゼントの準備を本格的に始めます。
このプレゼント選びというのが、多くのドイツ人の頭を悩ませるという。

本当に、プレゼント、必要なのか?

そんなことを言いながらも、毎年準備してしまうのです。

以前、樹木希林さんが出演された番組を観て、なるほどと思いました。
彼女は人からの贈り物を一切受け取らない主義だとか。

受け取らない、そして人さまに贈る必要もない。

日本では最近、ミニマリストが妙にマスコミで取り上げられているようですが、
贈り物のやりとりをしないのも、ミニマリストの条件かと。

博士と私は、実用性重視なので、必要なものを買い合う。
プレゼントにはサプライズがつきものなのでしょうが、お互いそんなことにポイントは置かない。
サプライズより、必要性を重視するのが我が家ルールです。

さて、話は変わって…

クリスマスと言えば、我が古巣・札幌の場合、
ミュンヘンクリスマスマーケット、ホワイトイルミネーションと来ますが、
ここドイツはいかがかと。

テレビで毎年、良くも飽きないものだ…というくらい登場するものがございます。

12月に入ると、各テレビ局で必ず放送される映画がございます。

日本では«シンデレラ»になりますが、ドイツ語で申しますと、

Haselnüssとはヘーゼルナッツのことですが、この映画には魔法使いはおりません。
3つのヘーゼルナッツがシンデレラの願いを叶えるというもの。
DDR(旧東ドイツ)で製作されたメルヘン映画(1973年公開)

毎年、クリスマス時期に放送日、放送時間が話題になります。
今年の24日は、時間差で1日5回放送がございます。

ドイツ語があまり分からなくても、雰囲気を十分楽しめます。
何より、ロケ地のお城、自然が美しいのがヨロシイ。

そして、主人公を演じた女優さんはじめ、俳優陣もハマっておりまして素晴らしい。
一度は試しにご覧になって頂きたい映画なのでございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen