Samstag, 18. Juni 2016

唐麺(タンミョン)なるもの

体調は徐々に上向きですが、ご飯が食べられないのが困りもの。
しっかりした食事をと、卵抜きパスタ以外の食材を探しました。

博士にも思うようなお食事をしてあげていないので、この週末はカレーを提供。
自分の分とは別に作るのですが、カレーなら手間なしで翌日分もOK。
博士がカレー好きだで助かっております。

私専用のお食事ですが、野菜の煮物をまとめて作ったり、
お芋をふかしたり、豆をまとめて炊いたりと色々でございます。

そんな中、最近のパパッとお手軽の食材がございます。
緑豆春雨よりも食感がある唐麺(タンミョン)なる韓国春雨。

塩味のチャプチェ
唐麺の太さが満足感につながるのでございます。

相変わらずチキンブイヨンと塩だけの味付けですが、これがどうしてウマウマ。
緑豆春雨との食感を比べながら頂くものヨロシイものでございます。

新たな食材に巡り合えました。ありがたや。

実はすり身やかまぼこを買おうとアジアショップへ行ったのですが、
大豆パウダーなど大豆由来の食品がよく使われているのです。
冷凍食品の餃子やシュウマイもそうなので、気軽に買えなくなりました。

この際なので、体調が戻っても加工品は一切辞めようと決めました。
加工品を辞めることは体に良いだけではなく、食費の無駄遣いを防ぎます。

嗜好品や加工品を摂らないという事は、無駄なし、買い物時間の時短と言うことなし。
昔ながらの食事に戻り、手間暇かけるのが何よりなのです。

50代でこんな当たり前の健康生活に気づくとは。
体調を崩したことは決して無駄ではありませんでした。

以前、YouTubeで『情熱大陸』を観たのですが、
稲垣えみ子さんの生活に非常に共感が持てました。

私も干し野菜、やってみたいと最近考え始めております。

今後もゆるめロハス生活をいかに楽しむか。
創意工夫で毎日を過ごしたいものでございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen