Dienstag, 7. Juni 2016

お仕事復帰

我が家の裏庭も初夏の気配
体力も回復へ向かい、仕事にも復帰致しました。

お医者さまと一日の労働時間について相談し、証明書を出して頂く。
私個人としては、かなり体力が戻っていると思いましたので、
一日5時間の勤務で行けるんじゃないかと判断。

張り切ってお仕事へ向かいました。

人事へお医者様からの証明書を提出致しましたら、
『本当に5時間もいきなり働いて大丈夫?』との問いが。

そして、もしも途中で体調が優れなくなったら、無理は禁物。
すぐに病院の再診を受け、内容を変更するように念を押されました。

それで、席へ戻って仕事を再開しますと、
人事担当者の予感的中、まもなくゲロゲロに。

即刻、病院へ駆け込んで証明書の内容を変更。
数カ月かけて徐々に勤務時間を増やすことになりました。

再提出時に人事担当者から
『そうよ、これこそが正しい決定よ』と言われました。

私の見た目があまりにゲッソリしていたらしく、
人事の担当者はうちの同僚たちより驚いており、
私の健康状態について物凄く心配をして下さいました。

職場でもよく聞かれる質問は、『一体何を食べているんだ!?』
特にお米と大豆がダメという話をすると、
『和食が食べられないじゃない!』と驚かれること多し。

お寿司なんて当分食べられませんし、刺身を食べるときは醤油なし。

『じゃあ、今こそドイツ食を楽しめる時』と冗談を言われ大笑いしましたが、
ホント、ドイツのじゃがいもに助けられております。

アレルギー反応が収まり、普通に食事ができるのはいつの日か。
あと数カ月は忍耐の日々が続きそうなのでございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen