Freitag, 3. Juni 2016

アレルギー、そしてBIO-Shop

アレルギー反応が出るお米、大豆、卵を除くことで、
何とかまともに食事ができるようになりました。

それにしても、米、大豆がだめというのは厄介なもの。
納豆、豆腐、お味噌、お醤油などが軒並み食べられなくなり、
料理の仕方にもちょっとした工夫が必要となりました。

糖分もしばらくは摂取できませんし、加工品や酸が強い食事もアウト。
こうなりますと外食も全くダメでございます。

食物アレルギーとなりますと、
お買い物のときもパッケージのチェックが入念になります。
自宅でせっせと何でも手作りを基本にお料理することになりますし、
今まで以上に食に気を付けるようになりました。

ちょっと面倒で大変…と最初は思ったのですが、
手間はかかっても本当にシンプルで体に良いものを摂れることが有難い。
にわかロハスかもしれませんが、楽しみながらキッチンで時間を過ごしております。

制限がある分、出来る限り腸壁や腸内環境に良いものを選ぶためBIOショップへ。
オメガ3系のオイルや塩だけの調理にアクセントを加えられるものを購入。
久しぶりにココアなんぞ買ってしまいました。
ところが、このココア…お砂糖が少し入っておりました。(;´д`)トホホ

此の度の目玉はこれ 
練りごまと練りヒマワリ種

いずれも加糖なし(素材の微量な糖分のみ)
味噌やマヨネーズの代わりにお塩やスパイスを加えて料理に使用可能。

こうすれば内臓にも優しく、栄養補給もできるというもの。
嬉しい一石二鳥なのでございます。

体を壊してから、食品でずいぶん散財しておりますが、
これも自分の健康のため致し方なし。

イモ類、豆(大豆以外)、小麦を中心に野菜とお肉、お魚で食事の毎日。

そして、糖分制限に加え添加物もとらないようにしたことで、
驚くほど体重が減りました。

履けなくなっていたジーンズがするりと入るようになり、
さらにこれが今は緩くなっているという。

ただ、短期間で痩せたので、体力をとりもどすため運動は不可欠。
体を休めながら、毎日、自力整体と散歩で調整しております。

もとの体調を取り戻すまで、まだまだ時間はかかりそうですが、
まずは食事が順調にできるようになったことが大きな出来事。

それにしても、気兼ねなくお休みをさせていただける環境に感謝。
本当に良い職場でお仕事させた頂いていると思いました。

理解ある優しい上司と同僚たちに心から感謝でございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen