Dienstag, 10. Februar 2015

博士からの課題本

就活中ですが、待っていた2次面接が飛び、ちょっとぶーたれ。
でも、そんなことで凹むようなアラフィフではござません。

次に向かってGO,GO!!

あとは暇な時間に英語少々、ドイツ語メインでお勉強。
でも、50歳過ぎると語学のハードルがハードルではなくなる。
まるでそりゃあ棒高跳び並に能力がついて行けなくなるのです。

でも、そんなことでへばってる余裕はなく…
うちの『鬼教官』博士から、課題を渡されました。

博士『この本を辞書なしで読破しなさい』と。

博士セレクトの2冊

うちの博士は語学の達人。
アドバイス付きで、

一冊目の左側の本を最初に読み、辞書は引かない。
何度も出てくる言葉でわからないものだけ後で辞書を引く。
話の筋が分からなくなったら博士に確認する。

ってなことを指示されまして読み終えました。

読んでる途中で、内容の理解度を博士に確認されます。ひゃ~。
チェック入れられ、タジタジ。

一冊目を読み終えたあとは、指定の2冊目『Notting Hill』

これが、読むといつも睡魔に襲われるので進みません。Zzzzz…
でも、絶対に読了するように申し付けられております。

博士曰く、表現を身に着けるには多読しかないとのこと。
でも、読むのって本当に避けたくなるほど嫌なもの。

にもかかわらず、博士はネットの記事で私に合ったレベルのものを時々差し出す。
なかなか妻重い、じゃない、妻思いの夫でございます。

次に苦手なビジネスレター作成について…
先程もメールを一通添削してもらいましたが、全く違うフォームに丸直しされました。
書いて意味が通じるだけじゃダメなんだそうでございます。(TへT)

就活しつつ、お勉強。
修業はまだまだ続くのでございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen