Mittwoch, 18. Februar 2015

きなこ餅

夕食の後、突然和ものが食べたい衝動が。
それで、食材ストックの中から友人が送ってくれた上新粉を取り出す。

で、一人台所できな粉餅を作ってしまいました。

きな粉もストックがあったので…

博士と二人で日本茶をすすりながら頂く。

以前、お汁粉の餅で窒息しそうになった経験を持つ博士。
一口食べるたびに、

『いいですか、これは危険です。気を付けてください。ゆっくり…』

相当トラウマになっております。

手作りのケーキやクッキーも美味しいですが、和菓子はやっぱり体に優しい。
使うお砂糖の量だって、断然少なくて済みます。

なんたって時間もかからず、体に優しいおやつができる。
素晴らしいっ!!

和菓子作りを始めてみようかと考える今日この頃なのでございます。

Kommentare:

  1. 和食がすごく食べたくなる気持ち、わかります。体が疲れているときに特にご飯を食べたくなりますね。
    パンが本職の私がいうのもなんですが、毎日粉物を食べるのも気をつけたほうがいいと思います。小麦の食べすぎで体調不良になる人たちが結構います。たぶん、粉物の特徴であるグルテンが体に影響を与えているのかなーと思っていたりして。外国の方はもちがきらいなのかな?相方もあのねちゃねちゃする食感がいやだということで、拒否されています。おいしいのに。。

    AntwortenLöschen
  2. OYUさん、その後は体調いかがでしょうか。
    体に変化がおこると、自然に和食が食べたくなります。
    長年頂いてきたものを体が記憶しているのでは?と思ってしまいます。私は特に更年期の年齢でもあるので、体の変化には長年食べなれたものが一番いいのかもしれません。
    最近は食べ物、化粧品と余計なものを含まないものを手に取るようにしております。
    お互い、健康維持に気を使いつつ、元気に春を迎えたいものですね。

    AntwortenLöschen