Mittwoch, 27. Juli 2016

肋骨骨折、そして大腸検査

先週末は呑気にフリマに行ったりした記事を書きましたが、
体がとんでもないことになっておりました。

痩せて筋肉が落ちてはいけないと運動をしていたある日のこと。
『ボキッ』という鈍い音がしたと同時に痛みが走りました。

それからベッドで寝返りも打てず、眠るのが結構堪える。

これは整形外科へ行かねばと思いましたが、
ドイツの何が小難しいかと申しますと病院の予約。

特に整形外科の予約は待たされることが多いのが普通。
基本的に救急の場合は窓口直接オッケーですが、すげなくNOを言われることもあり。
住んでいる地域の整形外科に問い合わせましたら、予約は9月になると。

二カ月待ち!?そんなに待ったら怪我も治ってしまいます。

急患で受け付けてもらえないか聞いてみましたが答えはNO。

散歩や買い物は割と平気だったのですが、けがをしたのは右側。
仕事でずっと右腕を使っておりましたので、段々痛みが増してきてしまった。

そうこうするうちに歩いていると鈍痛を感じるまでになり、
呼吸しても痛み、夜中も熟睡できなくなってしまいました。

これは我慢の限界と、健康保険会社の検索サービスで早く予約できるところを発見。
痛みを一週間耐えたのち、整形外科へ参りました。

ところが、ホームページの雰囲気とは正反対の薄暗い病院でびっくり。
一瞬、とんでもないところに来たのでは・・・と不安が。
なんたって待合室の患者は、かなり枯れた爺様と私だけ。

それでも背に腹は代えられぬ。
まあ、何とかなるだろうと開き直って診察を待ちました。

結果、普通にレントゲンを撮って下さり、肋骨が折れていると判明いたしました。

すぐにテーピングをしてもらったのですが、
テーピングってホント凄いもので、痛みが半減。

楽になって帰宅致しまして、そのままベッドに倒れこむ。
久々に夢も見ないで熟睡致しました。

でも、油断は禁物で、急激に痩せたことが骨折の原因かもしれないため、
主治医の指示で次は骨密度の検査を受けることになりました。

また骨密度検査をしてくれる病院を探して予約しなければなりません。
なかなかどうして保険適用する病院で予約を取るのですが、いつになるか…

あまり乗り気はしないのですが、最短で見てもらいたいので、
骨折を診断してくれたあの暗い整形外科へ問い合わせてみることに致しました。

さて、骨折をしておりますが、明日は待ちに待った大腸検査。

今日は15時以降食事はできず。
そして、検査準備でお腹を空っぽにするお薬を飲みました。

ドイツの大腸検査キット
1Lの水に箱に入っているパウダーを溶かすのです。

そのパウダーを溶かした液体1Lを1~2時間以内に飲むのですが、これが不味い。
ドイツ語の説明書を読み読み。

日本で検査するのもなかなか緊張ですが、
ドイツ語でというのはこれまた緊張度が上がります。

説明書、読み間違えちゃイケませんし。

ところで、液体飲んだんですけど、大変ですね。
さっきまで10分毎にトイレに駆け込んでました。

このドリンクを次は明日の朝4時に起きて飲まなくちゃいけないという。

そのあとはまた10分毎にトイレに行かなくちゃいけないのか…

人生初の大腸検査。
しかもドイツで。

担当医が神業並みに私の大腸を検査してくれることを祈りつつ、
本日はお休みしたいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen