Montag, 11. Juli 2016

EM2016 決勝

昨日は日本は選挙、欧州はサッカーで盛り上がりっておりました。

欧州選手権、決勝はポルトガルと開催国フランスの大一番。
出足からスピーディな試合運びとなりました。

ところが、前半にハプニングが。
開始24分、フランスのフォワードPayet選手のファウルにより、
あのスーパースター、クリスチャーノ・ロナウド選手がフィールドに倒れこんだ。

一度はテーピングをして戻るも、痛みに耐えきれず…
夢にまで見た決勝戦半ばに、無念の交代

この場面、ドイツの実況中継担当者も興奮気味に、
『なんということだ。何というドラマなんだ!』と叫ぶ。

悔しさに涙するロナウドに私も観ていてびっくりですが、
これはこのままフランスが勝ったら後味悪いんじゃないかと。
ここからポルトガルにちょっと応援。

とにかく試合は両者ともになかなか得点が決まらず延長戦へ。
そこで、左足の怪我で退場したはずのロナウドが会場へ戻って参りました。

延長戦が始まりますと、監督の横で一緒にチームに激を飛ばすロナウド。
熱いったらありゃしない…足の怪我は大丈夫なのか?

そんな彼の熱い声援が神を動かしたのか。
試合開始より109分、背番号9番Eder選手の鮮やかなシュート!
これが決勝点となりまして、見事ポルトガルが優勝を飾りました。

試合が終わって表彰式に移りましたが、
とにかく各国プレスの被写体の主役はロナウド様。
決勝点を決めたEderはどこへ行っちゃったのか。

そしてロナウド、なぜかピッチの上でユニホームを脱ぎ棄て、
上半身はこれ見よがしに裸になってしまった。
まあ、確かに彼の肉体は美しい筋肉なので見せてもいいのですが。

自分を見せるのが好きなのか?

メダル授与が始まる前に、チームトレーナーが新しいユニホームを渡すまで、
かれの裸自慢を見せつけられました。

まあ、とにかく昨夜のパリは熱い夜になったよう。
熱狂するファンを静止するのに警官隊も出動したようです。

それにしてもサッカーでここまで盛り上がるとは。
日本との違いを感じながら、EM2016は閉幕となりました。
やれやれ…

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen