Sonntag, 14. September 2014

ダイエットの朝食

金曜日に友人より電話が入り、急きょ出かけることになりました。
幸い、爽やかな晴天。
足取りも軽く、郊外へ参りました。

久しぶりに再会致しましたので、友人おすすめのレストランでランチ。
ランチを取りながら近況を語り合い、話のついでに体重10㎏増量を告白。
ちなみに、友人は私より一回りほど年上なのですが、大変にスレンダーで肌もつやつや。
おまけに姿勢も凛々しく、足もバレリーナ・タイプでございます。

そんな彼女から、朝食メニューが多すぎると指摘を受けました。

ちなみに、私の朝食はトースト2枚 (この時点で多すぎると鋭いチェックあり)、
卵、チーズ半切、フルーツ少々とコーヒー。

彼女曰く、乳製品(チーズ、バター、牛乳)は避けるべしとのこと。
そして、長年にわたり体重をキープしている秘訣朝食メニューを教わる。

フルーツ、ナッツ類、ミューズリー(スプーン2杯程度)、豆乳少々とヨーグルト。


昨日の朝食より実行!

彼女の場合、ここにオリーブオイルなどを少し混ぜるそうです。

フルーツは2時間で消化するため、ミューズリーを少し入れて腹持ちをよくするとのこと。
実行してみましたが、昼食まで空腹を感じることなし。
便通もヨロシク、消化吸収に優れた組み合わせです。

昼食は普通に食べたいものを摂り、夕食時には炭水化物を避けること。
お豆腐など少量のものだけ口にしたら、20時以降は何も食べないのがベストと。

分かっている当たり前のことなのですが、ついつい生活リズムが乱れてしまい、
20時以降に食事をしたり、余計なものを口にしたりしてしまった事も多々あり。

でも、女性は閉経するとひどく痩せにくくなるので、よく気を付けなければいけないとのことでした。

もともと、少し運動をすれば体重が落とせたため、簡単に考えておりましたが、
やはり年齢には勝てません。昔とは体が違うのでございます。

どこまで体重を落とせるか、まずは焦らず食事と運動をつづけること。
ローマは一日にして成らず・・・結果が出るまで続けて参ります。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen