Montag, 8. September 2014

自律神経

つい最近、face bookにアップされた記事に目が留まりました。

«女性は男性と同じように働いてはいけない»

という谷 亜由未さんのブログ記事の一説。

彼女の記事によりますと、女性とは副交感神経の生き物なんだそうでございます。

さて…
副交感神経とは何ぞや?と、ネットをググりました。

自律神経とは、そもそも交感神経と副交感神経のこと。
この二つの神経の働きがバランスよく働いて、日々の心身の機能を保っているそう。

交感神経は闘争&逃走の神経(アクティブ)
副交感神経は回復&休息の神経(リラックス)

本来、アフターファイブや休日など、副交感神経モードになるのですが、
ストレスからその切り替えが上手くいかず、バランスを崩してしまう。
不眠症などは、闘争モードにスイッチが入り、副交感神経がうまく働かない状態とのこと。

なるほど、このブログを読んで、どうして自分が体を壊したのか改めて納得。

日々きちんと休み、気分転換をすることがどんなに大切かを痛感致しました。
そこでこんな記事も発見。

«人生上手くいく「自律神経」の整え方»


多くの方が経験していると思いますが、
30、35歳とちょっと変化を感じ、40歳に入るとガクンと記憶力が低下したり、
体力が低下するのを更に感じ、50歳を迎えてガガガンとすべての機能の低下を実感するような。

痛くなかったところが痛くなったり、抜け毛が増えたり、肌が急にたるんで来たり。
記憶力に関しては自分を疑うくらい悪くなって驚いたりします。

それでもがんばっている自分。
大いに褒めて、これからも上手に自分と向き合い、年齢を重ねていきたいもの。
まずは、焦らず・・・

日々、充実した時間を過ごしたいものでございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen