Sonntag, 26. Januar 2014

栗とプラムとヘーゼルナッツのケーキ

築100年の隙間風邪住宅に悩んでおりましたが、実は博士の決断で11月に解約届けを提出。
2月末でここを出ることにしておりました。
次の住居が全く決まっておりませんのに、解約届けを出すという。
“ええ~っ!大丈夫っ!?” と、言われたり致しましたが、この手の状況は過去に経験済み。
博士は一言・・・『私にまかせて』と余裕。

ドイツでは、住居を探すのがかなり至難。
『ここ借りた~い』と思っても、大家さんに気に入られないと駄目だったり、
他にも賃貸希望者がいる場合、即決で借りたりしないと逃してしまう。

だから新居を即決したがために、旧住居の解約日まで日数がある場合、家賃を2箇所に支払う羽目になってしまいます。

昨今は不動産会社が増えておりまして、礼金を家賃の2.38カ月分支払えば楽に良い物件に巡り合えます。
しかしながら、引越しには他の費用もかかりますゆえ、ここは礼金なしを狙うのが我が家。

今回は実にドラマティックな展開がございまいて、ほぼ希望通りの物件を引き当てました。

そして、本日は新居の大家さんが面談に我が家へいらっしゃるという。

そこで久々にケーキ作りに挑戦。




本日は、ずっと冷凍庫に眠らせていた栗を取り出し、特売で買ったプラム漬けの余りも利用。
バターを使わず、マーガリン、植物性生クリーム、ヘーゼルナッツで仕上げました。
これがどうしてサックリ、柔らかな食感のケーキ完成。

ウマイ...うま過ぎる。

でも、大家さんには遠慮されてしまいました。
『すみませんね。糖尿病なんです...』って。

あららぁ、力作なんだけど残念。

博士と私の胃袋に消え行くケーキ。
あ~やっぱり手作りにかなうものなし。

Kommentare:

  1. さすがですね!私もフランクフルトで家をさがすのに半年かかるとか聞いたことがあります。人生においてほとんど家を借りたことがない私なので、日本によらずドイツでも家をさがすとなるとよいカモにされそうな気がします。。ケーキおいしそうですね♪これで卵がはいらなかったらベガン用ケーキですね。これはかなり難しいです。

    AntwortenLöschen
  2. 都市部では特に気に入った物件を見つけるのは難しいみたいですね。まあ、お金をいくらでも出せるんなら別なんでしょうか...。今回はたまたまラッキーが重なり、狭いですが良い物件を見つけました。
    そうそう、私もできればVeganに挑戦してみたいのですが、玉子使わずって難しいですね。つなぎに何を使えば良いんでしょう。最近、時間があるとVegan用のHPとかちらちら探しております。機会があれば、挑戦してみたいものです。

    AntwortenLöschen