Samstag, 25. Januar 2014

今度は煮込んで “Wirsig”

まともな料理ができるのは週末だけ。
本日は、お野菜たっぷり...ということで、この前使ったお野菜Wirsig(ヴィルシッヒ)再登場。
前回はテレビ番組レシピで焼きましたが、今回は煮込みでやってみることに。

 



ちゃっちゃと準備よく、お水360mlに野菜スープの素を入れて圧力鍋で調理。

出来上がりを慎重に鍋から別の器に移動いたしました。


ちょっと見た目なんですが・・・まあ、お許しを。

やはり煮込むとお野菜がほにゃほにゃと柔らかく、お肉もジューシー。
野菜の旨味が出で、煮込むほうが絶対に美味しい。

ロールキャベツ風にするのが一番キレイですが、このダイナミックさもまたよろしい。
切り分けていただきましたが、これがどうしてウマウマ。
寒さがしみる夜には、やはり煮込み物が一番でございます。

Kommentare:

  1. ようやく寒くなりましたね。同じく北海道人の私にはぱっとしない冬で、悶々としていたところです。まあ、寒いのも苦手ですが。。この時期に家で鍋とか編み物とか読書とか、夏できなかったことが実行できる唯一の時期ですね。そんな私もここ最近料理という料理をせず、ひたすら働いて寝るのみ。Christinaさんに関心してしまいます。これからブログ、ちょくちょくみますねー

    AntwortenLöschen
  2. OYUさん、コメントありがとうございます。
    体力勝負のお仕事なので、体調を崩されませんように。
    家作りのお友だちのお話、読みましたよ~。ちなみに、私の同僚も何年かかっているのでしょうか...未だに家、完成してません。もう少しみたいですけど。短気の私には絶対に真似できない。脱帽ですよね。

    AntwortenLöschen
  3. 本当ですよね。よく続くなって感心してしまいます。私たちが住んでいるBauwagenの改築とはわけがちがうので、相方も一緒にみにいきましたが、、そのうち彼も家をたてそうで先行き不安です(私も手伝うはずなので。。)

    AntwortenLöschen