Donnerstag, 12. Mai 2016

チキンブイヨンを作る

白米を少し食べられるようになりました。
ですが、どうも2日続けたりすると不調になることが判明。
ご飯を食べるなら昼食時に茶碗半分くらいがベストかも。

やはり当分はスープを中心のメニューを頂くことにしました。

スープ作りは、チキンやお野菜をひとまとめにザックリ調理が普通ですが、
BIOショップでチキンレッグが20%引きでしたので、
本日はきっちりと基礎からチキンブイヨン作りに挑戦です。

鶏肉に熱湯をかけ、皮を取り除きます。
(皮付きでも全く問題ございませんが、脂肪を取り除きたいので)

それからニンニク、ショウガ、昆布、長ネギの切れ端、
トマト、ニンジン、玉ねぎ、Pastinakを入れ、水を加えて煮込みます。

アクを取り除き、あとは圧力鍋で仕上げの煮込み。

煮込んだ後は具材を取り除き、ザルで濾して完了。

黄金のだし汁
半分を保存用として冷蔵庫へ保管。

次は、残りのブイヨンを使ってストックの昆布出汁を加えてスープ作り。
出汁をとった鶏のレッグは骨を取り除き、煮込んだ野菜も刻んでスープへ。
塩で味を調え、ゆでたブロッコリーを最後に加えて完成です。

本日のランチ 
スープ完成まで約1時間半。
これを長いと感じるか、手間がかかると思うか。

でも体を壊した私には、自分にとって必要な時間でございます。

考えてみれば、レストラン並みのことを自前でやるのです。
使うのは時間だけではありません、頭も手も舌もフル活用。
やるじゃあないか、自分。

そして、最後は出汁をとり終えた昆布を刻み、
だし汁とお醤油でシンプルな佃煮もどき。
全て無駄なく胃袋へ。

今日のスープもお野菜が甘くてウマウマ。

午後は体力を取り戻すため、少しご近所を散歩してみたいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen