Sonntag, 15. Mai 2016

水菜に似たお野菜

昨日、今日と目覚めの体調が最悪。
首は酷くコリ、背中、お腹と不快の上、片頭痛で起き上がる。

こういう時は、自力整体のお腹をマッサージするポーズから始め、
足のツボを刺激し、むくみをとる動作をじっくり行います。

人間の体は内臓と関節がつながっているというのを実感する瞬間。
深く呼吸をしながらやりますと、じわっと汗も出てきます。

少し楽になったところで白湯をゆっくり飲んで一息。

体調が良くなったり、悪くなったり。

食べたものをチェックしつつ、原因は食事の取り方ではと考える。
どうも2食続けて炭水化物を摂ると調子が悪くなる模様。
特に夜は少量でも炭水化物を摂ると、消化器官が疲れるようで、
必ず首、肩コリと片頭痛で目覚めてしまう気がいたします。

野菜中心で食事を組むのも楽ではございませんが、仕方なし。

それで、本日は水菜に似たお野菜を入手致しましたので、早速調理。

Stielmusというアブラナ科のお野菜。

茹でて亜麻仁油とお塩で和える
日本の水菜と違って太めなので、茹でて食するのが宜しいかと。

それにしても食事の摂り方で体調が左右されるのが困りもの。
食べることが大変になるとは夢にも思っておりませんでした。

とにかく、日々野菜と格闘しつつ検査の日を待つのみ。

今日のお昼ご飯、スープとこのお野菜を頂きます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen