Dienstag, 10. Mai 2016

昆布だしで『切干大根』

和の食材を中心に食事を用意するというこの頃。

大事な腸のをいたわるために、化学調味料は一切排除致しました。
そこで我が家に登場しておりますのが『昆布』。

幸い、ストックやら友人からのお土産やらで持て余していた昆布。
ここに来て連日の大活躍でございます。

昆布出汁のきっかけは以前、新聞で読んだ料理研究家・山脇りこさんの記事。
「水出ししておけば手間はかからない…」という一文に共感。

彼女は出汁のクッキング教室もひらいていらっしゃる出汁推進派。
出汁の美味しさの伝道師!?のような存在。

本日は昆布出汁をたっぷり使い、切り干し大根を煮込みました。
部屋中に広がる出汁のいい香り。
なんとも子供の頃の食卓を思い出してしまいます。

子供の頃の我が家で使う昆布は海で拾い集めたもの。
浜で天日にあて、そのあと自宅で更に乾燥させてストックしておりました。
浜から拾い上げたたくさんの昆布は無料。
それをお料理やお漬物に使うというのは日常の風景の一コマでした。

だしの素やめんつゆを使っても美味しく料理を作ることはできますが、
天然の香りと上品な味わいは手作りには叶わない。

今更ながら、自分も毎日出汁をとってはそんなことを実感しております。

昆布やカツオで出汁を摂るというのは思うほど手間ではないのに、
私自身、ずいぶんとご無沙汰をしておりました。

私は自宅にストックしていただしの素類やスープストックなど全て処分。
残りの人生は手間がかかっても出汁は自前で作ることに決めました。

体に優しい昆布のお出汁で、早く体調回復したいものでございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen