Donnerstag, 6. August 2015

メノパウゼ三種の神器!?

ここのところ、メノパウゼ(更年期障害)のホットフラッシュにやられっぱなしです。

前回も少し書きましたが、ホメオパシーの錠剤やマグネシウムを摂ったり。
少し楽になったかと思っては、また酷くなったりという繰り返し。

何が困るかというと、仕事中に突然、タラタラと汗が流れだすこと。
終業まで汗びっしょりになり、着替えを持っていこうかと思うほど。

なるべく、ゆったりしたコットン素材のブラウスなどを選んでおりますが、
汗がにじむんじゃないかとか、臭くないかしらなどと心配事も。

今週は、月曜日に休暇を取り、明けて仕事をした火曜日が特に酷かった。
気温はそんなに上がらなかったにもかかわらず、一人だけ汗ダラダラ。
どうしましょう~と、思えば思うほど酷くなるのでございます。

もう日本手ぬぐいと扇子が欠かせない毎日。

暑いから足元を涼しげに素足+サンダルにしたいところですが、それは無理。
やってしまったら逆に足が冷えすぎてむくみが酷くなるという始末。
おまけに、膀胱炎の初期のような症状もでてしまうため、足は冷やせません。

会社で綿の靴下二枚履きでイケてないオヤジ風。
自宅では綿の靴下2枚+羊毛の靴下1枚で冷えをシャットアウト。

それから、家では体をゆったりモードにできるよう、
木綿のゆるゆるワンピースを購入致しました。

ゆるゆるワンピースは、セカンドハンドで偶然に見つけ、3ユーロでゲット。

メノパウゼセット…木綿のワンピース、日本手ぬぐい、扇子
生成りの木綿ワンピースが心地よい

日本手ぬぐいは、何年も前に札幌の従妹がわざわざ送ってくれたもの。
ドイツ土産で日本でも人気のフェイラーのハンカチよりも優れものです。

洗濯しても乾きやすい、汗の吸い取りも抜群、大きく使えるし、お洒落。
送ってくれた従妹は、見事にツボをとらえております。
(従妹よありがとう~っ!!)

扇子は沖縄のもので、もう20年くらい経ちますか…重宝してます。
民芸品店で自分のご褒美用に買ったので、まあまあのお値段だった記憶が。

20年経ってフルに活躍の扇子。
ホットフラッシュに扇子は必需品でございます。

会社用にお洒落で体を締め付けない洋服が欲しい今日この頃。
天然素材で汗が目立たないもの、探してみたいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen