Mittwoch, 26. November 2014

じゃがいも料理とトルコヨーグルト


今週の月曜日は職業安定所からの召集があり、行く予定でございました。

そうしましたら、どうしたんでしょうか・・・前日からピーゴロ。
おまけに眠れなくなってしまい、とうとう4時に起床。
就活再会したばかりなのに、こんなところで神経質になってどうなる…と意気込んだものの、
不安になって日本の友人に電話してバカ話に付き合っていただく。

ところが、8時少し前に職安から電話があり、担当者が病気のため予定を延期してくれとのこと。

あらら…救われたというより、神経質になってピーゴロになったのは何だったのか。
ピーゴロ損して肩すかし喰らったような感じでございます。

それで、せっかく早起きもしたので、お昼は久々にジャガイモなんぞ料理してみました。

オーブン使わず、簡単フライパン料理
ピーマン、ネギ、トマト、挽肉を使いました。
味付けはクスクス用のスパイスを使ってエスニック風に。
あとはスライスしてゆで上げたジャガイモと一緒に炒めるだけ。
仕上げにパルミジャーノを振り掛けて出来上がり。

それから、最近我が家でハマっているのがヨーグルト。

ギリシャ風のお次にトルコ風ヨーグルトを試してみました。
これがまた、濃厚で酸味がほとんどない、マイルドなお味でございます。

ドイツのスーパーならどこでも購入できるGAZIのヨーグルト

トルコヨーグルトと相性良しの一品 

博士がジャガイモ好きなので、なるべく多く作って上げたいのですが、
皮をむいたり、茹でたりと面倒な感じがしてついつい疎遠になりがち。
買ったはいいけど、ストックしたままいつの間にか芽がでちゃって…ということが多々ございます。

ですが、ジャガイモのビタミンCは加熱しても壊れにくいという優れもの。
ドイツはジャガイモのお味もよろしく、お値段もお手頃なので、
冬の料理に節約も兼ね、面倒くさがらずに食卓へ登場させるのも悪くないかもしれません。

あれこれ色んな調理法を試しておりますが、レパートリーはなかなか増えないものですね。
でも、自分も楽しみながら博士にジャガイモ料理を作って上げたいもの。
またレシピサイトでも覗いて見たいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen