Donnerstag, 27. November 2014

博士のおつかい

10月の家計簿を見返してまして、ちょっと余計な出費が目立ちました。
クリスマスが迫ってきておりますが、ちょっと節約を心がけねばなりません。
節約するには買い物の回数を減らすことがポイント。
そうすれば、必要なもの以外に手を出すことを防ぐことができます。

そこで、昨日はパンが切れたので、博士が買いに行くことになりました。
ついでにチャーシューを作り置きしたいと思い立ったので、
いつものネット付の豚かたまり肉をも買ってきてもらうことにしました。

「いつもの網がかかった豚肉をお願いね・・・」と頼んだ私。
その時の博士の反応がちょっと曖昧。
「…う~ん、たぶんわかると思う」という感じ。

でも、何度もチャーシューにして食べているので絶対にわかるはず。
簡単に説明して、現地で分からなければ電話をしてもらうようにお願いして送り出しました。

そのあと、案の定確認の電話が入りました。

「あの、縄がかかったやつ?」
「縄じゃなくて網だよ」
「あ~そうそう、ソーセージのとなりにある」
「う~ん、ソーセージ売り場の隣のお肉のところにある?」
「はい、隣に」

でも、ここでなんとなく不安だったので、
「あのね、ソーセージじゃないからね。生のお肉だから」
「はい。そう、生の…網がかかってるやつ」

一応、生って言ってるから大丈夫だろうと思い、まずは現物を買ってもらうことにしました。
で、自宅へ戻ってきた博士。
自信満々に差し出されたお肉とは・・・!?

「あの、これ生って?生じゃないよ (-_-)」

パッケージにもNußschinken(ヌスシンケン)って・・・ 

「いいえ、いいですか。これは生です!」(`#´)/

「いや、生って、これは生ハムでお肉じゃないでしょ」
「いいですか、ハンガリーソーセージも生です!」

あ~そうか、生の発想が違うんだわ。

ビールも生ビールがあるからね・・・(そういうことじゃないか!?)

そう思ったらもう可笑しくて笑いが止まらない。
料理に使う材料についての買い物を頼んだ私の間違いでした。

余計な買い物をしてしまい、節約にならないという結末つき。

それにしても、本当に面白すぎました。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen