Samstag, 27. Dezember 2014

クリスマスはHamburg

博士と二人、突然の思い付きでクリスマスに出かけようという話になりました。
どうせならドイツ鉄道の週末チケットなどを使って、格安旅行をしたいと計画。

あちこちネットで検索し、調べたところ、Hamburgでの宿泊が安く上がることを発見。
この時期のハンブルグ…寒くて灰色なのは間違いない。

しかしながら、ホテル宿泊が二人で二泊朝食付き79ユーロという安さ。
それに、引っ越しした友人にも会えるかも…ということで、出かけることに致しました。

イブのハンブルグ駅


クリスマスイブはスーパーやお店が午後から閉店になってしまうドイツ。
しかも25日、26日と祭日なので、お店は殆どが完全休業。
クリスマスマーケットも全くやっておりません。
(クリスマスマーケットは、本来クリスマス準備のためのものなので、営業はもうなし)

宿泊したホテルは駅の東側。
ハンブルグにお住まいの方なら既にお分かりかと存じますが、お安めのホテルがある方向。
東側のSteindam(シュタインダム)というメインストリートはもう外国。
以前の印象同様、トルコ人のお店や八百屋が多く、エロティックショップはいつも通りでしたが、
この度の驚きは、トルコ人を上回る勢いでアフリカ系の方々があちこちに群れを成しているという。
一体どこから流れてきたのかと思うほど多かった。

午前中のSteindam
ドイツなのに、ドイツ人を探すのが難しい地域でございます。

こちらも風光明媚な一角なのですが…
この手前にあるキオスクの前は夜も昼もアフリカ系の人たちがたむろしておりました。
とにかくそこらじゅう、ビール栓のキャップだらけ。

でも、通りの裏側には、こんな素敵な古い建物もあり。


でも、Steindamのトルコ系八百屋さんの果物は相変わらず安かった。
オレンジを一袋、柿を3個買って1.59ユーロ。
博士と二人、はしゃぎまくり。大いに楽しんでおりました。

イブ翌日の駅西側の地域 
東側とは雰囲気ががらりと変わります

スタバの建物もオシャレ 


スタバ前のセクシー銅像 



ストリートのサックス奏者 
このおじ様のサックスは澄んだ音色で心地よかった…博士は即、投げ銭投入。

マーケットもデパートも完全休業 



ハンブルグ市庁舎 



カモメが寒そうに並んでます 

ハンブルグのカモメは小ぶりで可愛い 











何が悲しいって…銅像の大事な部分にイタズラ 
銀色に塗られるくらいなら、何かつけてあげて欲しい気もしますが…
とにかく、いたるところに銅像の背後にあるような今時のPOP落書きがあります。
これ、描いたご本人は芸術のつもりなんでしょうが、景観を乱します。
個人的に非常に許せない。落書きについては真剣に取り締まってもらいたいもの。
これは住んでる地域、国のレベルを象徴します。

橋の下にテント… 


博士リクエストでGustav-Mahler-Parkの日本庭園を見学

横浜とハンブルグって姉妹都市だったとは…知りませんでした。








公園内には温室もありました。ここで雨宿り。

ここの温室は見学無料

 雨が上がって少しだけ青空が…



 お決まりのマンホールシリーズ 

今年ハンブルグへ引っ越しした友人にも連絡が取れ、夕方から新居訪問。
時間を有効に使えて満足のハンブルグ滞在でございました。
でも、風が冷たかった~次はやっぱり夏に行きたいと思います。

Kommentare:

  1. すごいですね!クリスマス時期はどこもかしこも値段が跳ね上がるというイメージがあったのですが、格安もあったとは。
    ハンブルグは3回くらいしか行ったことがなくて、しかもさらっとしか街中を見ないで郊外の農場ばかり訪ねていたので
    ハンブルグ自体を覚えていないです。メーデーにたまたまいたときくらいしか記憶にないかな。
    なので写真を見て私も観光した気分になりました。
    ふっとおもいたって旅にでるって素敵ですね。こちらはクリスマス、農場にこもっていました。数年ぶりに農場滞在なので、
    これはこれで新鮮。大晦日もゆっくりしたいですね。

    AntwortenLöschen
  2. ハンブルグは1月、2月が更にお得になるようです。
    ちょっと穴場(?)を見つけたような感じで、節約主婦としては満足な小旅行でした。
    大晦日はどこへ行くでもなく、自宅でのんびり年越しそばを食べて、ローストチキンでも焼こうと思います。

    AntwortenLöschen