Montag, 22. Juni 2015

デュッセルドルフの本屋さん

7月1日からお仕事が始まるので、少々緊張している今日この頃。
何といっても仕事は一年ぶり、そして、次なる職場は英語がメイン。

使用するコンピューターソフトも書類もオール英語というから、ちょっと焦ってます。
今や英語よりドイツ語が口をついて出てくるし…どうなるんでしょう。

まあ、余計な事を考えても仕方なし。
やれば何とかなるもんです。気楽に、気楽に…

とは言え、完璧主義者の博士から、
『勉強した方が良いですから、必要なもの(本)を買いに行きましょう』
と、言われて市内で一番大きな本屋さんへ参りました。

Friedrichstraße 24, Düsseldorf

ここは中が本当に広い。
また、本に囲まれながらコーヒーやサンドイッチなど頂けるカフェもあり。

なかなか退屈しない本屋さんでございました。

ここで、何故か博士はロシア語の本を購入したという。
昔、義務教育で学んだので、どこまでできるか挑戦したい模様。

私は英語文章作成に必要な本を2冊購入。

まあ、次の仕事だけじゃなく、自分のスキルアップに英語は欠かせない。
それに、何よりもボケ防止に必要です。

ドイツで求職活動して思いましたが、世の中既に3、4か国語の時代。
バイリンガルなどというのは、既に過去の話でございます。

半分化石となった脳を働かせつつ、勉強したいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen