Sonntag, 12. Juli 2015

体の声

仕事、8営業日を経験したことになりますが、若くないことを今更乍ら痛感。
それでも職場環境が非常にヨロシイため、かなり救われております。

連日のお腹ピーゴロについては既に書きましたが、同時に膀胱炎のような症状も時々。
それに、PCの前で一日中仕事をし、座りっぱなしのため、坐骨及び腰に負担がかかります。
とにかく、仕事を終えて帰宅した日は、短めに自力整体を欠かさず実行。
そして、一日の締めは『冷えとり』の半身浴と靴下、湯たんぽ使用を通しております。

かなりゲロゲロの時もありましたが、この二つで乗り切っている感がごじざいます。

それから、平日の夕飯は超手抜きでも体への気遣いを忘れず。
野菜中心にするか、かなり軽めの食事を心がけております。

野菜をオーブンで焼くだけの簡単ビタミン・グリル
消化器官に負担をかけないことが一番のポイント。

朝は果物、ミュズリィ、ヨーグルトとほぼ毎日同じメニュー。
昔だったら、ご飯、味噌汁など、ガッチリでしたが、自力整体を始めてから変わりました。
おそらく、年齢のせいもあるのでしょうが、軽い朝食のほうが体調が良い気が致します。

午前10時過ぎると小腹がすく時がありますが、その場合はドライフルーツをひとつまみ。
なるべく空腹をきちんと感じるようにしております。

週末は朝、夜と自力整体をフルにじっくり行うこと。
PC作業で姿勢が崩れ、骨盤もひらいてしまうようなので、徹底的に体の乱れを直します。

仕事を始めて、また料理をする機会が激減しておりますが、気にしない。
一番大切なのは、体の声に従いながら、無理をせずに生活すること。
疲れても、肩、腰、関節に不調を感じた場合、怠らずにケアを続ける。

この年齢だからこそ、自分の体のことを理解してのメンテナンスが大切です。

さて、少し眠気が…体の声に従って、お昼寝したいと存じます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen