Sonntag, 19. Juli 2015

夏だ!生ビールなら Brauhaus Joh. Albrecht

先週ですが、会社の昼食会がございました。
入社2週間目でこのような席にお邪魔できるとは幸運なこと。

昼食先はビール製造会社の直営店。


真夏日になり、生ビールが美味しいというタイミング。
昼時に参りましたが、外のテラス席はほぼ満席。
団体バスでお越しになっていたドイツ人のご老人会らしき方々もおりました。

お料理は今が旬のニシンがメイン。
でも、当たりハズレガあるので、私は季節感なしに鮭を注文。

昼だけどビール飲みたい…ここ、ドイツだし。
と、思いましたが、さすがに日本からのお偉いさんもいらしてまして、
午後の仕事もございますから、ここは無難に…
Apfelschorle(ドイツの定番りんごジュース・サイダーみたいなもの)を注文。

ところが、ドイツ人スタッフは全員が生ビールをジョッキで注文してました。
それを横目に、注文しなかったことを少々後悔!?
なんたって目の前にタンクがあるんですから、新鮮な本生飲めるんです。

でも、注文したApfelschorleを飲んでビックリ。
本物のリンゴを使った“生”schorleではございませんか!
他のお店のビンからついで来るのと訳が違います。

料理は絶品というわけではございませんが、いずれもボリューム満点。
ここは食べるより、本当にサクッと本場のビールを楽しむにはおススメ。
雰囲気良し、日本人率も少ないです。
(色んな話をするには、日本人率少ない場所がおススメでございます)

Meerbusch、Oberkasselにお住いの皆様なら、気軽に足を運べる距離かと。

地元のドイツ人が選んだおススメのお店でございます。
夏休みの話のネタに、是非一度足を運んでみてはいかがでございましょうか。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen