Montag, 20. April 2015

日曜フリーマーケット

久しぶりにMeerbuschのフリーマーケットへ足を運びました。
快晴のため、もうたくさんの人が訪れておりました。
出店もいつもより多めで、かなりの掘り出し物が期待できそう。

博士と一緒の場合、事前にどこをじっくり見たいか言わねばなりません。
男子というのは、さっさと進んで行くので、同じリズムで歩くとお買い得を見逃します。

ところが、今回の博士、どれでも1ユーロという店舗をいち早く発見。

どうやら地下室に眠る不用品を売りさばきたいおば様らしく、
『どれでも1ユーロぽっきりよ!!』と、叫んでおります。

そこで、50セントボックスからワイングラス2個、そして陶器を買いました。

バスケット形の手描きの陶器は博士のおススメ
これ、全部で3ユーロ也

ブルーの陶器は、色が可愛いので買おうかどうしようか迷ってました。
すると、私の横にいた紳士が小声で、何やら囁いております。

『これは70年代の陶器でもともとお高いもの…』と、おじ様。
さすが、Meerbuschにはこういう通なおじ様がいらっしゃるのですね。
おじ様の言葉を信じて、2個1ユーロでゲット。

ミニマリストを目指したいとかなんとか語っていたのに、意志薄弱?
単に物を増やす女でございます。

ま、それはさておき…

ちょっと肉付きが良くなってしまった故、着られるものが少ない今日この頃。
春のお洋服も物色することに致しました。

下着、靴下、タイツなど、直接肌に触れるもの以外、古着購入と決めてる私。
今回もあれこれ見ては値段交渉致しました。

桜色のお洋服 5.50EUR 
この洋服はかなり値切ったのですが、店主の若者、なかなかしぶとい。
値切って3ユーロくらいが妥当と思いましたが、気に入ったので仕方なし。

個性的なネックレス 1EUR 
これは1ユーロおば様のところでゲット

それから、50セント大放出の男性とペアで格安販売していた女性のコーナーあり。
新品の変わった長靴 1.50EUR 


この他にセレブなご夫婦が洋服を売っていたので、逃さず行きました。
これが、素敵な奥様の趣味なのか、センス良さげなものばかり。

売る人が素敵だと、良いものを比較的安く手に入れられる。
これ、フリマの際の重要ポイントなんでございます。

洗濯したので、写真はございませんが、イタリアブランドの洋服を購入。
PREGOというブランドで、洋服2着16ユーロなり。

珍しくフリマで散財致しましたが、久々に良いお買い物させて頂きました。

これから週末ごとに、あちこちでフリマがございます。
掘り出し物を見つけに、是非一度、足をお運び下さいませ。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen