Samstag, 23. Mai 2015

就活、それからご近所パン屋

年が明けたと思ったら、もう5月も終盤でございます。

何だか、年をとればとるほど一年がとっても早い。

去年の今頃は仕事のストレスから不覚にもダウン。
今は、それがまるで嘘のように復活。
周囲のドイツ人曰く、「そんな無茶な働き方、倒れて当然」。
そう、人間も無理をすると、オーバーヒートするんです。

年明けから、積極的に就活をし始め、履歴書も送りに送りました。
改めて、今日数えたら、もう22社超え。
そのうち、人材派遣会社絡みが5社。

このうち、何の回答もなしという会社が数社。
今回は、初めて日系企業でも回答なしが一社あり、びっくり。

それから、某ドイツ大手企業の一次面接をクリア。
ところが、2次面接の回答待ちで既に2か月経過。

「必ず連絡する」と言っていたので、しびれを切らしてメールをしたら、
選考に選考を重ねているらしく、もう少し待って欲しいとの回答でした。

友人曰く、ドイツの大手企業は選考に時間かかるんだそうです。
時間を費やして、できるだけ良い人材を選ぶとか。

それにしても、待ちすぎて長くなった首がちぎれそうです。

年齢が年齢だけに、正直なところハードルかなり高し。
これが日本だとしたら、ハードルはもっと高く、雲の上かも。
国は違えど、50代の再就職条件はシビアでございます。

さて、話は変わって…

以前、手作りのパン屋さんについて書きました。
スーパーのパンは色んな酵素を使っているので、よろしくないと。

で、なるべく職人さんが手作りしているパン屋のパンを買うことにしてます。
そこで、Zeit Magazinのサイトで近所でも手作りパンが買えると分かりました。

Meerbuschに数店舗お店を構えている『Wieler』

カボシャの種のパン、トウモロコシのパン

このお店、バゲットはイマイチですが、小型パンが美味しい。
焼きたてがお勧め。(一晩おくとイマイチです)

でも、やっぱりバゲットが美味しくなければ…

昨日、久々にスーパーREWEのバゲットを購入。
フランス通の知人曰く、ここのバゲットが本場に近いとか。

REWEのバゲットは、コスパに優れているのです。

さて、お気に入りのバゲットとパン屋探し、まだまだ続く。

再就職するまで、フリータイムを存分に満喫でございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen