Sonntag, 22. März 2015

面接があるというのに…

ご近所清掃ボランティアで帰宅し、ものもらいになり、それから夜中に腹痛でトイレに直行。
血圧が低下したのか、寒気と脂汗が噴き出てしまい身動き取れず。
そして最後は嘔吐してしまうという始末でございました。

なんとか落ち着いてベッドに戻りましたが、今度は寒気で寝付けず。
湯たんぽを用意して、やっと朝型再び眠りにつきました。

一体何が起こったのか!?

清掃の後にご馳走になったチリコンカーンの仕業かと思いましたが、
他の方々は何ともないご様子。
私だけ、あらぬものにとりつかれた模様でございます。

コーヒーなど刺激の強いものは止めて、もっぱらお茶を頂く。

お気に入りの魔法瓶
ドイツのセカンドハンドで入手の像印

日本製のポットというのは、世界一じゃないかと思うほど。
保温時間がとっても長いです。
ドイツ製のが良いと、イタリア人の友人に聞いたことがありますが、比較になりません。
断然、日本の像と虎のマークのメーカーのものが優れております。

お茶をすすりながら、なんとなく調子が良くなったのでお昼ご飯を頂きましたが…
やっぱりどうも調子がイマイチ。

面接があるというのに、どういたしましょう。
当日、ピーゴロにならないことを強く祈るのみでございます。

Keine Kommentare:

Kommentar veröffentlichen